イメージ画像

看護師求人~看護師の夜勤をうまく乗りきるには~

看護師にとって夜勤はつらいものだと思いますが、病棟があれば患者さんが入院していますから、毎晩誰かが夜勤をこなさなければなりません。夜勤は手当てがつきますし、看護師の収入を上げている大きな要因ですからあえて夜勤を歓迎する人もいるでしょう。
夜勤専従看護師に強い求人サイトは?

でも、普通の人が寝ている間に働くわけですから、体に負担がかかりますし精神的な負荷も大きいでしょう。看護師の中には夜勤明けの体調管理がうまくいかず、悩んでいる人もいるようです。

看護師の夜勤には2交替制と3交替制があります。どちらにもメリットやデメリットがありますし、個人の好みもあるでしょう。どちらにしても、夜勤明けにうまく睡眠をとるようにしないと、疲れをとることができず、疲労がたまったままになってしまいます。
愛媛県看護協会

夜勤明けは睡眠不足のはずですが、緊張感もあり気持ちが高ぶってなかなか眠れないことがあります。周囲も明るいので、つい起きて活動してしまう人もいるようです。その場合、どうしてもお昼すぎあたりに眠くなってきます。

そのまま体が要求するままに睡眠をとってしまうと、寝すぎてしまい、夜になって眠れないという状態になってしまいます。

人によって睡眠のリズムの調整方法は異なると思いますが、できれば昼寝を短めに切り上げて、夜にしっかり眠るようにした方が体が回復するようです。

看護師の仕事は忙しいので、休める時にしっかり休むという方針の人もいると思います。ただこれが合うか合わないかは人によるので、もし夜勤明けに体調を崩すようなら、休み過ぎないようにしてみましょう。

また、スムーズに眠りにつけるように、適度な運動も効果的です。看護師の仕事は集中力を必要とすることも多いので、どうしても脳がフル回転してしまうのです。頭と体のバランスをうまくとるためにも、できれば軽い運動を心がけるようにしてみてくださいね。

看護師の仕事はやり甲斐もありますし、つい頑張り過ぎてしまう人もいます。でも仕事を長く続けるためにも、上手に休息をとることが大切になります。自分なりの体調管理を身につけて、良いコンディションで働けるようにすることが大切です。

看護師アルバイトを探す際の注意点

看護師の働き方には、以前からある常勤・アルバイトの他に、最近では派遣や専従など昔より選択肢は多様化されています。 その中で、ここではアルバイト看護師について色々とご説明していきたいと思います。

まずアルバイト看護師には、勤務時間や勤務日数によってフルタイムや単発(1~2日)などがあります。アルバイトですから、自分のライフスタイルに合わせて選択できるのがいいですよね。 特に小さいお子様がいらっしゃる看護師の方は、常勤での勤務は難しい面があります。子供の急病に合わせて休むこともままならないものです。

それに比べると、アルバイト看護師の場合は比較的休みを取りやすいので、育児と仕事の両立はしやすいでしょう。ですから、子供の成長に合わせて、単発にしたりフルタイムにしたり選択するのもいいかもしれませんね。

また、看護師のブランクが長期間ある方は、まずはアルバイト看護師で肩慣らしをするのも良策です。ブランクがあるといきなりの常勤は心身ともにかなりハードです。体調を崩さないように、まずはアルバイトでブランクを埋めながら生活リズムを整えていくといいでしょう。

このように、フルタイムや単発で選択可能なアルバイトで看護師をしていけるという状況が増えてきたことは、それだけ看護師を必要とする場所が増えてきている現状があるからです。 アルバイト看護師の求人を探すときには、ほとんどの方が求人雑誌などに目を通すはずですが、以前よりも求人情報が多いことにお気づきの方もいらっしゃるでしょう。

結構アルバイト看護師の求人が多いので、その中から自分の条件に合った募集先に応募する方もいらっしゃるかもしれませんが、はっきり言ってオススメできる探し方ではありません。

アルバイト看護師の求人は確かに多くなってきていますが、全ての募集先が安心して働けるところとは限らない場合もあるからです。例えば、応募条件に記載していた勤務条件(時給や勤務時間)が実際には全然違うということもあります。

ですから、オススメしたいのは看護師専門の求人会社を介してアルバイト看護師の働き口を見つける方法です。間に求人会社が入ると勤務条件が違ったりトラブルが発生したときにも求人会社にクレームを出すことができ、求人会社が迅速に対応してくれるからです。

看護師専門の求人会社も多数存在していますので、アルバイト看護師に強い求人サイトを選択するポイントをご紹介します。

①病院以外の求人情報を持っている。
②仲介手数料が安い。
③求人サイトの利用者の希望を優先した対応ができる。

以上の3点は重要なポイントと言えるでしょう。
では①~③について具体的にご説明しましょう。

まず①についてですが、前述しましたがアルバイト看護師を必要としている場所は色んな分野であります。例えば、介護施設、老人ホーム、一般企業、遊園地などの娯楽施設、イベント会場と多岐に渡ります。このような様々な場所の求人情報を扱っている求人会社だと自分の条件に適うアルバイトも見つけやすいでしょう。

次に②ですが、求人会社を利用する場合、登録しなければなりませんが、登録料は無料です。ですから、利用者には一切費用がかかることはありません。しかし、アルバイト看護師の募集先に人材を紹介した場合、勤務先から仲介手数料を頂く形になっています。これが求人会社の収益になるわけですが、料率に決まりがなく求人会社によって異なります。

ですから、中には仲介手数料が平均値より高い求人会社も存在していることもあります。求人先にしてみれば、少しでも安い仲介手数料の求人会社を選択した方が賢明ですので、高い仲介手数料の会社は敬遠されます。

ということは、仲介手数料の高い求人会社には、募集も多く集まらない結果になりますので、求人情報の多い会社を選択する目安は仲介手数料の安いところと考えていいでしょう。

最後に③についてですが、求人会社の中には登録している看護師側の立場を第一に考えて職場選びをしてくれる良心的なところもありますが、逆に企業や病院側との結びつきを優先するところや、虚偽まがいの求人情報で利用者集客を狙っている言わば悪質とも言える求人会社も存在しています。

ですから、常に利用者(看護師)の立場にたってアドバイスしてくれる良心的な求人会社を選択するようにしましょう。そうすることが、安心して働けることにも繋がります。 アルバイト看護師は一般のアルバイトに比べて時給も高いので、働きやすいかもしれませんが、デメリットがあることも忘れてはいけません。

いくら時給が高額だといっても、当然常勤看護師よりは収入は低くなりますし、福利厚生面でも差があります。 また、看護師としてのスキルやキャリアの面から考えると、例えば同じ年数の看護師経験があったとしても、アルバイト看護師と常勤看護師では仕事内容の責任の重さが違うのでスキルにも差がでてきます。

転職する場合も、アルバイト看護師のキャリアは常勤看護師に比べて評価が低い現状があります。 アルバイト看護師の仕事は単発など自分の働ける時間に仕事を入れることができるのがメリットですが、自分の都合よく単発の仕事が入るという保証はありません。収入面での安定性がないという認識を持つことも大切です。

看護師と准看護師ってどう違うの?

まず看護師と准看護師の決定的な違いは資格です。 看護師は国家資格ですが、准看護師は国家資格ではなく 都道府県知事資格なのです。

看護師は看護師養成所で3年間就学しますが、 准看護師は准看護師養成所で2年間就学するのです。 養成所が違うということと年数が違いますね。 この1年の違いで知識に差が生まれてきます。

また、准看護師の場合、試験は各都道府県で 行われ、試験の難易度も地域によって異なります。 国家試験ではないため、自分が受けたい都道府県の 試験を受けて、どこかで合格すれば資格がもらえます。

なので、東北の人は北海道と青森県、 関東なら東京と千葉県と受けることが出来るのです。 では、仕事内容にはどういった違いが出てくるのでしょうか?

実は、病院にもよりますが、看護師と准看護師で 通常業務に何か違いがあるのかというとあまりないそうです。 ただ、大きな公的な病院、大学病院などでは 准看護師を採用しているところはありませんし、 看護師もそのような場所で働く場合は 新卒から3年間指導者がついていることもあります。

しかし、民間病院になりますと慣れたら一人前と みなされてしまうので、自分の未熟な部分を 埋めるにはただひたすら努力するしかありません。 そして、准看護師と看護師では通常業務に 違いは無いにしろ給料や出世に差が出てきます。

看護師の場合は出世できますが、准看護師は出世できません。 その分また給料に差が出てしまうというわけなのです。 保健師、助産師、看護師、准看護師について 定義されている「保健師助産師看護師法」という法律にも 看護師と准看護師の違いが記されています。

看護師とは厚生大臣の免許を受けたもの、 准看護師は当道府県知事の免許を受けたものと ここでも資格の違いが記載されています。 また、看護師は患者さんに医学的な知識や技術を 使って世話をする、医師が治療を行う際に補助をするのに対し、 准看護師は、医師や看護師の指示を受けて世話や補助をします。

このため世間的にも准看護師は看護師の下で 指示をもらい働くというイメージがあります。 以上のことから准看護師と看護師はこのような違いがあるのです。

このページの先頭へ