看護師求人~看護師の夜勤をうまく乗りきるには~

看護師にとって夜勤はつらいものだと思いますが、病棟があれば患者さんが入院していますから、毎晩誰かが夜勤をこなさなければなりません。夜勤は手当てがつきますし、看護師の収入を上げている大きな要因ですからあえて夜勤を歓迎する人もいるでしょう。
夜勤専従看護師に強い求人サイトは?

でも、普通の人が寝ている間に働くわけですから、体に負担がかかりますし精神的な負荷も大きいでしょう。看護師の中には夜勤明けの体調管理がうまくいかず、悩んでいる人もいるようです。

看護師の夜勤には2交替制と3交替制があります。どちらにもメリットやデメリットがありますし、個人の好みもあるでしょう。どちらにしても、夜勤明けにうまく睡眠をとるようにしないと、疲れをとることができず、疲労がたまったままになってしまいます。
愛媛県看護協会

夜勤明けは睡眠不足のはずですが、緊張感もあり気持ちが高ぶってなかなか眠れないことがあります。周囲も明るいので、つい起きて活動してしまう人もいるようです。その場合、どうしてもお昼すぎあたりに眠くなってきます。

そのまま体が要求するままに睡眠をとってしまうと、寝すぎてしまい、夜になって眠れないという状態になってしまいます。

人によって睡眠のリズムの調整方法は異なると思いますが、できれば昼寝を短めに切り上げて、夜にしっかり眠るようにした方が体が回復するようです。

看護師の仕事は忙しいので、休める時にしっかり休むという方針の人もいると思います。ただこれが合うか合わないかは人によるので、もし夜勤明けに体調を崩すようなら、休み過ぎないようにしてみましょう。

また、スムーズに眠りにつけるように、適度な運動も効果的です。看護師の仕事は集中力を必要とすることも多いので、どうしても脳がフル回転してしまうのです。頭と体のバランスをうまくとるためにも、できれば軽い運動を心がけるようにしてみてくださいね。

看護師の仕事はやり甲斐もありますし、つい頑張り過ぎてしまう人もいます。でも仕事を長く続けるためにも、上手に休息をとることが大切になります。自分なりの体調管理を身につけて、良いコンディションで働けるようにすることが大切です。