イメージ画像

治験の中での治験コーディネーターの業務

治験が進められている際も治験コーディネーターの業務は多くあります。まずはスケジュールの管理です。一つの治験には多くの方が関わるため、その方のスケジュールの管理を行う必要があります。

治験に関わる医師や研究者、看護師、そして治験を受ける患者さんやボランティアの方などをまとめてスケジュール管理を行います。特に治験を受ける患者さんやボランティアの方は、予定日がキャンセルになる事もあり、スケジュールの再調整が必要な時もあります。

次に監査です。治験コーディネーターはマネジメント的な業務を行うため、治験の担当医師などから監査を依頼される事もあります。監査ではカルテや書類をチェックしたり、実際の治験の現場をチェックするという事を行います。

試験がスムーズに問題なく進められているかをチェックし、ここでも医師や研究者などと連携を図りながら治験がスムーズに進むように仕事をしていきます。情報は事前にしっかり把握しておく必要もあります。

治験に関する文書や情報などは様々なものがあります。治験の責任医師保管必須文書や省令報告書、治験同意説明書など非常に多くの文書がありますが、これらのほとんどを治験コーディネーターは把握して理解しておく必要があります。

専門的な知識も必要となりますし、量も多くあるため、それらの業務を手際よくこなしていく力が必要となります。医師などと会話をする中で、必要な情報を仕入れていくというのも大切です。

また、他にも様々な業務があります。患者さんや治験ボランティアなど、被験者の方の対応は治験コーディネーターが行う事になります。最初の診察に始まり、治験を受ける中での相談や、健康状態の直接話しての確認なども行います。

最終的な報告も治験コーディネーターがまとめる事になるため、報告書の作成なども行います。治験コーディネーターの仕事は多岐に渡りますが、その分様々なスキルが磨かれ、やりがいも大きな仕事と言えます。

このページの先頭へ